化粧品を輸入代行してビジネスしよう!

化粧品輸入代行というと、なにやら難しそうに聞こえるかと思います。
しかし、実際はそこまで難しくはありません。
実際に行っている人のやり方を見てみましょう。
まず、海外一人旅をして、現地の人に人気の化粧品を聞きます。
次に、実際に評判の化粧品を店で試してみます。
日本人と海外の人では肌が合わない場合もあるので、
このテストは欠かせません。
異常もなく、使い勝手もいいようであればいよいよ輸入となります。
少々大荷物となりますが、基本的には箱で買うことになります。
あとはこれを日本に持ち帰って販売するのですが、
ここで一つ、ハードルがあります。
それは化粧品を輸入し、販売するには許可が必要です。
そのため化粧品輸入を代行する業者さんがいますので
そういった方に一度、相談をしてみるのも一つ手です。
この仕事は指南書もなければ指導者もいません。
まさに自分の勘が頼りとなる仕事です。
それゆえに大きなミスをしてしまうと
自分で処理しなければならないのが欠点です。

我が屋の犬はアレルギー持ち

海外一人旅に行く際に気をつけたいのが、犬のアレルギーです。
普段はアレルギーがそこまで強くなくても、海外など環境の異なる場所へ行くと
アレルギーが強くでてしまうことがよくあります。
特に海外は日本と違って街中で放し飼いにしていたり
野良犬をよく見かけますが、このような街中で見かけた犬に関しては
注意するように指南されています。
海外一人旅ということもあり、近づいたり写真を撮る方もいますが
できるだけ触ったり近づかないようにしましょう。
狂犬病とは違い、噛まれるなどの危険行為がない場合で
犬アレルギーが軽めであればすぐに元に戻ることもあります。
しかし海外でアレルギーがでてしまうと日本よりも
手軽に治療を受けることが難しいため、
あらかじめ対策しておくことをおすすめします。